• 社内の求心力、帰属意識、組織力を強化したい
  • 従業員の誇りやモチベーションを高めたい
  • 社内の顧客意識を高めたい
  • 社内の制度やコミュニケーション、人材育成の仕組みに一貫性を持たせたい

インターナル・ブランディングは「企業の目指すべき姿(ブランドビジョン)」をもとに、「従業員や職場組織の目指すべき姿」を策定し、様々な施策を通じて従業員の意識・行動に働きかけ、ブランド・アイデンティティを浸透させていく活動です。
企業が急激な環境変化を生き抜くためには、従業員に自らがブランド・アイデンティティの主体であるという自覚を促すことが重要です。
アイデックスでは、個々の組織の特性を踏まえ、対話・グループワークを重視したメソッドを駆使した解決方法をご提案いたします。ブランド・アイデンティティに共感し、その意義を共有できる組織づくりのために、「社員に対するブランディング」と「社員によるブランディング」の両面へアプローチする、インターナル・ブランディングのプログラムをご提供しています。

資料請求

背 景
創業60周年の記念事業計画が契機となり、理念の見直しや、将来ビジョンの策定などの課題が表面化。業界全体が急速に収縮する中で、抜本的な改革の必要性が浮かびあがった。社員の意識改革、モチベーションアップ、将来にわたる帰属意識の強化、会社に対する誇りの醸成など、多岐にわたる課題を解決するためにインターナル・ブランディングに着手した。

実 行
周年事業全般にわたる推進コンサルテーションとともに、トップヒアリングを実施。理念構築チームの討議ファシリテーションを行って、理念の構築を計りました。その後、中間管理職を対象に理念浸透のためのワークショップならびに浸透推進のためのファシリテーション研修を実施。また、将来ビジョン策定のためのワークショップを、中間管理職対象とトップマネジメントに対してそれぞれ実施。その他の浸透システムの導入指導を現在も継続中です。インターナル・ブランディング活動の実施により、チェーン各店舗の活性化を促しました。

お問い合わせフォームへ 0120-961-376

IDEX

M&A、経営統合、持株会社のCI
ブランドビジョン、 ブランドステートメントの開発
ブランド体系・事業ブランドの開発
ビジュアルアイデンティティ (VI)の開発
インターナル・ブランディング
ブランドコンサルティング会社の選び方

Real Time Web Analytics