• イメージをリニューアルし、企業やブランドの市場競争力を高めたい
  • 新しいコンセプトに沿ったデザインに変更して売上を上げたい
  • より強いインパクトを与えるデザインに変更したい

ブランド戦略に基づく一貫した視覚的アイデンティティを構築します。視覚的な統一のみのデザインではなく、情報を整理し、必要・不必要なアイテムの統廃合を行い、個々のアプリケーションアイテムの役割に合ったデザインをおこなうことで、運用上の効率化も図ります。また視覚以外の感覚(嗅覚・聴覚・味覚・触覚)をも含めたタッチポイントのブランド体験、すなわちカスタマージャーニー(お客様の旅/物語)をも創造します。

資料請求

背 景
1999年、輝かしい実績を誇った名門「日産」が経営危機に直面。6844億円という赤字を計上しました。これは製造業では国内史上最大の数字でした。資本提携によってルノーから日産を再生するためにやってきた、カルロス・ゴーンCOO(最高執行責任者)によって、99年10月18日にリバイバルプラン(再生計画)を発表しました。村山工場などの閉鎖、グループ全体で2万1000人の人員削減、日産に部品資材を供給しているサプライヤーの数の半減、などなどでした。そうしたなかにあって、日産はリバイバルプラン発表後、日産車の魅力を再発見し、失墜したブランド価値を再生するための「NISSANブランド・アイデンティティ」の構築作業を宣言しました。

実 行
アイデックスは、新たなブランドコンセプトのもと、ビジュアルアイデンティティシステムの(再)構築を支援しました。カーバッジと呼ばれるシンボルマークのリファインに始まり、コーポレートワードマーク(NISSAN)とのポジションを明確化する基本システム体系の開発、展開デザインシステムまでを手がけ、デザインマニュアルは数十冊に及んでいます。
販売・マーケティング、宣伝・広報などコミュニケーション分野にまで一貫したビジュアルアイデンティティシステムに一新。その復活の足音からは、信じられないくらいの会社のダイナミズムが伝わってきます。

■導入プロセス(画像をクリックすると拡大表示します)

お問い合わせフォームへ 0120-961-376

IDEX

M&A、経営統合、持株会社のCI
ブランドビジョン、 ブランドステートメントの開発
ブランド体系・事業ブランドの開発
ビジュアルアイデンティティ (VI)の開発
インターナル・ブランディング
ブランドコンサルティング会社の選び方

Real Time Web Analytics