• 将来のビジョンが描けなくなった/的確に言い表せない
  • 社のDNAが継承されていない
  • ウチらしさが稀薄になっている

ブランドの進化、革新を促すためには、お客様視点でブランドが「シフトする方向(ポジショニング)」と「自らの能力、強み」を明確にし、この2つの視点を中心とした分析により「将来にわたってお客様に約束するブランド価値」を規定することが不可欠です。
アイデックスでは、ブランドの価値規定をアイデンティティ・オブジェクティブ(Identity Objective)と呼ぶフレームで構造化し、適用しています。

資料請求

背 景
AJINOMOTOは食を代表する、おいしさのブランドとして定着していました。しかし、味の素グループは日本のみならず世界で、「アミノ酸」をコアに、調味料「味の素」から、医薬品や香粧品等へとその事業領域を深耕、拡大させており、「食」と併存すべき領域として「健康」が欠かせないものとなっていました。今後の経営戦略において、「食」を代表するブランド価値を大切に継承しつつも、味の素グループのより普遍的な価値観を反映した、世界企業としてのブランド・アイデンティティの構築が要請されていました。

実 行
2001年、「ブランド委員会」を設置し、企業価値と直結するコーポレートブランド価値を高める視点に立ったブランド戦略の策定・推進を始動。アイデックスは、このブランド戦略の基点となるアイデンティティの策定に参画。各種認識調査や味の素ブランド委員会のステアリングチームとの様々な討議をとおして、再確認作業を行い、「世界の人々に、おいしさのもとと、いのちのもとを」という簡潔なメッセージで構造的に定義しました。そして、ブランドのバイブルとなるブランドブックの編纂をはじめ、味の素グループの果たすべき使命を内外に向けた発信を支援しました。

■導入プロセス(画像をクリックすると拡大表示します)

お問い合わせフォームへ 0120-961-376

IDEX

M&A、経営統合、持株会社のCI
ブランドビジョン、 ブランドステートメントの開発
ブランド体系・事業ブランドの開発
ビジュアルアイデンティティ (VI)の開発
インターナル・ブランディング
ブランドコンサルティング会社の選び方

Real Time Web Analytics